パズル万華鏡

面白いパズルの紹介と解説をします。

数の七線星形問題(1)

 数の七線星形問題(1)を紹介します。

 

問題(1)

 七線星形の○の中に1から14までの数字を入れて、7本の直線上に並ぶ数の和(A+C+F+H,A+D+G+I,B+C+D+E,B+F+J+L,E+G+K+N,H+J+L+M,I+K+L+M)

がいずれも同じになるようにせよ。

f:id:isemba:20170730150017j:plain

f:id:isemba:20170730150032j:plain

数の六線星形問題(1)の解

 数の六線星形問題(1)の解答例を示します。

 

問題(1)の解

 直線上に並ぶ数の和、内部の六角形上の和をm、1から12までの和をMとする。

  A+C+F+H=A+D+G+K=H+I+J+K=B+C+D+E=B+F+I+L=E+G+J+L=m
  C+D+F+G+I+J=m

 このとき、6m=2Mが成り立つ。M=78であるから、m=26となる。

 解は6通り。

f:id:isemba:20170730145755j:plain

f:id:isemba:20170730145808j:plain

数の六線星形問題(1)

数の六線星形問題(1)を紹介します。

 

問題(1)

 六線星形の○の中に1から12までの数字を入れて、6本の直線上に並ぶ数の和(A+C+F+H,A+D+G+K,H+I+J+K,B+C+D+E,B+F+I+L,E+G+J+L)および内部の六角形上の和(C+D+F+G+I+J)がいずれも同じになるようにせよ。

f:id:isemba:20170730145539j:plain

f:id:isemba:20170730145601j:plain

宣教師と人食い人種の渡河問題(6)の解

 宣教師と人食い人種の渡河問題(6)の解答例を示します。

 

問題(6)の解

 最小移動回数:11回 渡河方法:25通り

 渡河方法を1つ示す。

f:id:isemba:20170704233353j:plain

f:id:isemba:20170704233405j:plain

宣教師と人食い人種の渡河問題(6)

 宣教師と人食い人種の渡河問題(6)を紹介します。

 

問題(6)

 5人の宣教師と5人の人食い人種が川を渡ろうとしている。ボートは3人乗りで
人食い人種と宣教師のどんな組合せでもこぐことができる。
ただし、宣教師の数が川の両岸、またボートの中でも人食い人種より少なければ食べられてしまう。
人食い人種と宣教師が全員無事に川を渡る方法を考察せよ。

f:id:isemba:20170704233221j:plain

宣教師と人食い人種の渡河問題(5)の解

 宣教師と人食い人種の渡河問題(5)の解答例を示します。

 

問題(5)の解

 最小移動回数:9回 渡河方法:32通り

 渡河方法を2つ示す。

f:id:isemba:20170704233028j:plain

f:id:isemba:20170704233039j:plain

宣教師と人食い人種の渡河問題(5)

 宣教師と人食い人種の渡河問題(5)を紹介します。

 

問題(5)

 4人の宣教師と4人の人食い人種が川を渡ろうとしている。ボートは3人乗りで
人食い人種と宣教師のどんな組合せでもこぐことができる。
ただし、宣教師の数が川の両岸、またボートの中でも人食い人種より少なければ食べられてしまう。
人食い人種と宣教師が全員無事に川を渡る方法を考察せよ。

f:id:isemba:20170704232847j:plain